2013年03月11日

新COP建設Part5

 夜中になり、交替で見張りをし、3日目の朝がきた。3日目は特に何もなく、4日目になった。第3中隊と第2中隊の援護のもと建設が始まった新COP(前哨砦)に第3中隊のVABすべてが一時的に集結することになった。

 我が中隊のVABは列を成して、COPが建設された地点をめざし、荒野を進んだ。遠くを眺めると、防御のために土が盛られているのが見えた。上空から見て正方形状に盛り土の防壁ができているとわかる。一辺が100mくらいだろう。一角に隙間があいており、そこが出入り口だ。

 敵の攻撃の脅威があるなか、たった数日間で、よくこんな立派な陣地を作ったものだ。工兵隊や輸送隊の兵士たちに尊敬の念を抱いた。そして、工兵、輸送、戦闘などの異種部隊の協力の成果に感動した。

 COPの前に列を成して駐車した。私はVABの屋根に立ち、COPを眺めた。COPのなかにはブルドーザーやショベルカー、トラックなどが駐車してある。防壁の土は2m~3mほど盛られ、簡易的かつ一時的な防御を担っている。やがてはバスチョンウォールを設置し、COPを拡張する。

 新COPのそばで数時間の休息をとり、昼過ぎには再び村と向かい合う元の配置に戻った。何も起きないまま、4日目の朝が来て、平和なまま、4日目の夜になった。

 この夜、疲れが溜まっていて、車内で狭い思いをして眠りたくなかった。私とミッサニ伍長はADU(中隊の最先任下士官)の許可を得て、VABの真横の地面に担架を置き、そのうえで眠ることにした。

 担架の上にスリーピングマットを敷き、脱いだアーマーを枕にする。上着は脱ぎダウンジャケットを着て、横になった。ブーツは靴ヒモを少しゆるめるだけで脱がない。そして、暖かい寝袋のサイドジッパーを完全に開け、布団のように寝袋を体にかけた。ブーツのまま、両足を寝袋の中に入れる。泥などが付着していないから問題ない。ヘルメットは車内だが、FAMASは“枕元”にある。今夜はたくさん疲れが落とせそうだ。

 看護官のオアロ上級軍曹はVABの後部内側の担架で眠り、プルキエ少佐は狭い助手席で眠る。少佐が最も階級が高いので、一番安全で一番快適な車内の担架で眠る優先権があるのだが、少佐は助手席を希望した。

 23時00分、私はアーマーを装着し、FAMASを手に、夜中の見張りに就いた。少し眠いが、1時間交替なのでそんなに負担ではない。守るものはADU(中隊の最先任下士官)のVAB、車両整備班のVAB、そして医療班のVABの3台だ。その3台が成している円陣の外側をグルグル周りながら、敵が近づいてこないかなどを警戒する。周るべき円は直径30~40mくらいなので大したことない。

 23時15分頃、1kmほど離れた村の中から、“バババババン・・・バババババン・・・バババババン・・・”と、3回にわかれた短い連射音が聞こえてきた。眠気は吹き飛び、私は自分のVABの運転席の扉を開け、助手席に座って眠るプルキエ少佐を起こした。

「少佐殿、村で発砲です。」

 その後、ADUと車両整備班の両VABへと走り、運転席側の扉を開け、運転手らを起こして発砲のことを知らせた。各車両の誰か1人を起こせば、そいつが他の乗員を起こすだろう。

 私は自分のVABに戻り、運転席側の扉を開けた。少佐が言った。
「ノダ、乗れ。中隊長が『全員、VABに入れ』と無線で言ったところだ。」
「はい、少佐殿。」

 “バババババン・・・バババババン・・・。”また発砲が始まった。
「あっ、見ろ。」

少佐が車内から前方斜め上空を指さした。私がその方向に首を向けると、淡い赤色に光る1発の曳光弾が40~50m上空を走り、我々の真上に到達する直前に消えた。線香花火のような、はかない美しさを感じた。

 次の瞬間、我々のVABから左へ5m、つまり私の立ち位置から5mくらいの地面で、“プチューン”と音がした。敵の放った弾丸がすぐ近くに着弾したのだ。私は急いで運転席に飛びこみ、いつでも発車できるようにエンジンをかけた。命のほうが惜しいので、担架や寝袋はそのままだ。発車しても、後で回収するチャンスはある。

 1時間半くらい車内に留まった。中隊長が「必要に応じ、VABから出てもよい」と無線で伝えた。私とミッサニ伍長はVABを出て、再び担架で眠った。確かに少しは危険だが、被弾する可能性は低いいっぽう、疲れを落とす重要性は高い。それらを天秤にかけた結果、少し危険を冒し、外で眠ることを選んだ。そのまま朝まで発砲はなく、私はよく眠れた。

 その後は任務終了まで何も起きなかった。最終日である6日目も無事、夜中を迎え、未明に離脱し、FOBトラに帰還した。携帯糧食を食べつづけた6日間のあとに、FOBトラの食堂で食べたスクランブルエッグとカリカリに焼いたベーコンは格別だった。

 ミランミサイルの落下など、いくつかハプニングはあったが、目的であった新COP建設は達成された。それが一番大切なことだと思う。タガブ谷から敵を追い出すという目標に向けての大きな一歩となった。敵は新COPを村から眺め、あせっているのではないだろうか。
新COPの名は「COP46」に決まった。




つづく







同じカテゴリー(アフガニスタン)の記事画像
戦傷者Part6
戦傷者Part5
戦傷者Part4
戦傷者Part3
戦傷者Part2
戦傷者Part1
同じカテゴリー(アフガニスタン)の記事
 戦傷者Part6 (2013-08-26 07:00)
 戦傷者Part5 (2013-08-19 07:00)
 戦傷者Part4 (2013-08-12 17:16)
 戦傷者Part3 (2013-08-05 07:00)
 戦傷者Part2 (2013-07-29 21:11)
 戦傷者Part1 (2013-07-22 07:00)

Posted by 野田力  at 07:00 │Comments(0)アフガニスタン

※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。