2012年10月29日

FOB診療所

FOBの診療所は、プレハブ小屋5~6棟ほどをつなげた造りだ。外観は白く、赤十字マークが描かれている。基地内なので赤十字マークを隠す必要はない。これがないと、よそから一時的にFOBトラに来ている米兵やニュージーランド兵などの同盟兵が、診療所を見つけられない。

診療所の中には、受付室、軍医長のオフィス、プルキエ少佐のオフィス、診察室、当直室、入院患者用の病室、そして、休憩室があった。

受付室には、事務デスクが2つあり、電話やパソコンやプリンターもある。電話は国際通話も可能だ。さらに、壁に寄りかかる棚には、FOBトラにいるフランス兵全員の簡易カルテがあり、健康を害した者はまず受付に来る。そこで衛生隊員がカルテを取り出し、症状を尋ねるなどして、診察室へと通す。そして軍医が診察をする。

軍医たちのオフィスには、いろいろと秘密にしなければならない文書がある。作戦用の地図などもあるため、毎日17時頃に診療所を訪れる現地雇用の掃除夫3人は、入室を禁じられている。オフィスの掃除は当直の衛生兵の仕事で、紙のゴミは確実に焼却する。

診察室は診療所で最も大きな部屋で、12畳くらいあり、中央に診察台が2つある。壁には医療品が収納された棚が並び、部屋の隅に最先任看護官の事務デスクがある。診察室は彼のオフィスのようなものだ。



当直室には、当直人数分の2つのベッドと、アーマーやFAMASなどの装備を置く棚などがある。患者監視モニタもここで充電する。

病室には2段ベッドが2つと1段ベッドが1つあり、入院患者を5名まで収容できる。窓もなく、ベッドと小さなテーブルがあるだけの狭い部屋で、こんなひどい環境に入院したら、治るものも治らないのではないかと思える。

現代看護の祖であるナイチンゲールは、クリミア戦争で負傷兵の置かれた劣悪な環境を見たりして、治療そのもの以前に、住環境を整えることが患者の回復に重要だと説いた。そんな彼女がこの病室を見たら激怒するだろう。彼女たちが苦労して築き上げた「環境整備」の概念が蹂躪されているのだから。

休憩室は豪華だ。テレビがあればインターネットもあり、冷蔵庫があれば湯沸かし器もあり、紅茶・コーヒーがあればクッキーもある。ただし、勤務時間中は長居できない。あくまで休憩のための部屋だ。

そんな診療所で日々勤務に就くのは、CCL(Compagnie de Commandement et de Logistique=指揮とロジスティックの中隊)という中隊にある医療小隊の軍医・看護官・衛生兵たちで、我々第3中隊指揮小隊の衛生兵である私、ミッサニ伍長、ぺリシエ伍長も、任務でFOBの外に出ていなければ勤務に就く。当直として診療所に泊まることもある。

戦場での診察は、戦傷だけではない。下痢や発熱や捻挫など、日常生活で発生する傷病もあり、むしろ、診察件数はこっちのほうが遥かに多い。2006年10月に衛生兵教育課程で見せられたイギリス軍の女医の講話映像では、女医が上手なフランス語で「私のイラク戦争派遣期間中、最も多く診た症状は下痢だった」と述べていた。
FOBの診療所がヒマになることはない。

←仏軍とは関係ないが、現地の救急車が時々来ていた。

診療所前に駐車してある我々のVABに偽装ネットを施し、ラッションや水を積みこみ、死体袋を整理し終わったあと、私は運転席に座り、フロントガラス内側上部に走る電気系統のコードに、針金を使って、キャノンのデジカメIXYを外側に向けて固定した。

車載カメラの完成だ。原始的な構造だが、VABを操縦しながら、ハンドルから手を放さずに、安全第一を尊重しながら、前方の風景を動画撮影できる。しかも、針金の枠から横にズラすだけで、デジカメは取り外すことができ、一回一回針金を解く必要はない。われながら立派な発明だと思った。

にんまりしながら、車窓から診療所のほうを見ると、医療小隊の衛生兵で南アフリカ出身のブラーム上級伍長が、ACU迷彩を着用した米兵2人と、診療所前で談笑をしているのが目にとまった。米軍特殊部隊だ。話しかけるチャンスだ。

つづく







同じカテゴリー(アフガニスタン)の記事画像
戦傷者Part6
戦傷者Part5
戦傷者Part4
戦傷者Part3
戦傷者Part2
戦傷者Part1
同じカテゴリー(アフガニスタン)の記事
 戦傷者Part6 (2013-08-26 07:00)
 戦傷者Part5 (2013-08-19 07:00)
 戦傷者Part4 (2013-08-12 17:16)
 戦傷者Part3 (2013-08-05 07:00)
 戦傷者Part2 (2013-07-29 21:11)
 戦傷者Part1 (2013-07-22 07:00)

Posted by 野田力  at 07:00 │Comments(4)アフガニスタン

この記事へのコメント
野田様、いつも興味深く読ませていただいてます。

元陸自、現即応隊員をしている者です。現役時は戦車だったのですが、今は
普通科で頑張っています。 今は、救急法に関する活動もしていますので、野外衛生の記事は特に参考になります。

デジカメIXYを使用されたようですが、何か防水・防塵処置はされましたか?
Posted by いさな at 2012年10月29日 22:34
いさなさん
コメントありがとうございます。
IXYには特に防水防塵処置はしていませんでした。雨で少し濡れても壊れませんでした。ただし、アフガン滞在終わりごろには、レンズカバーが閉まらなくなり、フランスに帰国してから数か月後には壊れました。
Posted by 野田力野田力 at 2012年10月30日 21:23
野田様、アフガニスタンの環境はデジカメにも酷なのですね。処置をしていなくても、使用できたのはすごいと思います。 

衛生に対する環境概念について、とても興味をそそられました。
環境や衛生資材の取り扱い方は日本とは大分違うのではないでしょうか?
Posted by いさな at 2012年10月31日 22:01
いさなさん
日本の衛生環境概念や衛生資材取扱いを詳しく知らないので、何とも言えませんね。
ただ、FOBの病室が狭かったり、窓がなかったりするのは、戦場だから仕方ないことではあります。まあ、ドアは2つありましたから、換気はできます。
Posted by 野田力野田力 at 2012年11月01日 20:44
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。