2012年06月30日

私のFAMAS

はじめに
テレビのニュースで聞いたのですが、東京の西新井駅周辺に「おれは元外人部隊だ。お前らのために戦争に行った。もっと敬意を払え」と言って、タクシーの運転手に絡んでくる男が出没するそうです。
決して私ではありません。迷惑な話です。
さて、前回は、一般的な戦闘員たちに弾薬が支給されたことについて書きました。今回は私に支給された弾薬と私のFAMAS小銃について書きたいと思います。
どうぞ。

――――――――――

戦闘員たちは立派な火力を得た。一方、私はというと、12個の弾倉は受け取ったが、弾薬は270発だった。満杯25発入り弾倉10個と20発入り弾倉1個分になる。あとは発煙弾を1個。戦闘員に比べると、火力は劣る。私は衛生兵で医療装備を携行するから、そのぶん弾薬が少ないのは仕方がない。

ただ1つ不思議なことがあった。私のFAMASは最もシンプルな原型バージョンで、光学照準器を付けるマウントが設置されていなかったのに、エイムポイントが支給された。どうやって装着しろというのだろう。

ガムテープで固定してやろうか、と冗談で考えたが、実際そんなことをしても、1発撃つ度にエイムポイントがグラつき、照準調整ができないし、貧乏くさい。結局、エイムポイントは返却し、光学照準器のないFAMASで頑張ることにした。

実際、アイアンサイトでもじゅうぶん戦える。イギリスのドキュメンタリー番組で見た、英海兵隊特殊部隊SBSも、光学照準器なしのC8(カナダ製のM4コピー)で銃撃戦を戦っていた。その映像を思い出し、「私はそのSBS隊員と同じなんだ」と自分に言い聞かせたら、逆にモチベーションが上がった。

そして「逆に少し軽くなったからいいじゃないか」とも思った。数日後には、もっと軽くしたくなり、二脚を外した。FAMASの二脚が本領発揮するのは、休憩時などで地面に置く時だ。銃を横倒しに置かずに済み、ほとんど汚すことなく置ける。

確かに二脚は、伏せて狙うとき、安定するが、そんな落ち着いて狙う機会はそうそうないので、実際はあまり使用することはない。我々が任務を遂行するのは射撃場ではない。

私はFAMASにオリーブグリーンのナイロン製2点スリングを付けた。部分的に内蔵されたゴムひもが伸縮するので、首に掛けて歩いたり走ったりしても、首への負担が軽減される。他にも何人かの兵士がコルシカの駐屯地の売店で同じ物を購入していた。

もともとFAMASには古い素材の2点スリングが付いているが、ほとんどの兵士が別のスリングを使用していた。私のように2点スリングの者もいれば、1点スリングの者もいた。私は、医療行為をするとき、FAMASを背中側に回して背負う必要があるので、2点スリングにした。

1点スリングだと、FAMASを放して医療行為をやろうとすると、銃が胴体の前に留まったり、横にどかしても、ブラブラして邪魔になる。FAMASを体から離して、地面に置くのは論外だ。両手放しでも、FAMASが自分についてくるようにしないと駄目だ。

フランス北部の医療教育部隊で受けた、戦場救命課程のある想定訓練のとき、私はFAMASを地面に置いて、負傷兵の治療に当たっていた。そこに敵襲が来て、私は負傷兵を両手で掴み、急いで別の遮蔽物まで避難した。FAMASは置き去りとなり、私は丸腰になった。「衛生兵は2点スリングを使え」という規定はないが、私は訓練の失敗を教訓にした。

私のFAMASを見たチリ人で私の親友のエステバン伍長が言った。
「リキ、お前のFAMASを持たせてくれ。」

エステバンはチューンナップされたMINIMIの担当だ。私がFAMASを渡すと、彼はニッコリ笑い、キレイに並んだ白い歯を見せながら言った。
「おい!このFAMASはオモチャか?軽過ぎるぞ!おれのMINIMIを持ってみろ。」

私は地べたに置いてあるMINIMIを拾い上げた。オリジナルの7.1㎏のMINIMIには慣れていたが、このMINIMIは、一瞬、目を見開いてしまうほど重かった。10㎏以上に感じた。私は、自分がMINIMI射手でなくてよかったと思い、ニヤニヤしながら言った。
「お前は大きいから大丈夫だ。がんばれ。」

エステバンは身長185㎝ある。うまくMINIMIを扱うだろう。私は身長165㎝なので、軽量化FAMASでいい。

なお、エステバンは私より10ヶ月遅く入隊した。分別とユーモアのある男で、一緒に仕事をしていて気分がよく、すぐに仲良くなった。小太りだが、持久走も綱登りも速く、戦う勇気を持ち合わせているので、ともに戦争に行きたいと思える仲間だ。

以前に派遣されたコートジボワール、ジブチ、ガボンでも一緒だった。そして今、アフガニスタンで彼とともに戦えることが、私は嬉しかった。

エステバンのミニミを構える私

エステバンと私

フランス北部の医療教育部隊で受けた訓練の一コマ 2009年5月

つづく

アフガン体験記は毎月10日、20日、30日に更新します。ご意見・ご感想など、お待ちしています。






同じカテゴリー(アフガニスタン)の記事画像
戦傷者Part6
戦傷者Part5
戦傷者Part4
戦傷者Part3
戦傷者Part2
戦傷者Part1
同じカテゴリー(アフガニスタン)の記事
 戦傷者Part6 (2013-08-26 07:00)
 戦傷者Part5 (2013-08-19 07:00)
 戦傷者Part4 (2013-08-12 17:16)
 戦傷者Part3 (2013-08-05 07:00)
 戦傷者Part2 (2013-07-29 21:11)
 戦傷者Part1 (2013-07-22 07:00)

Posted by 野田力  at 07:00 │Comments(5)アフガニスタン

この記事へのコメント
FAMASに関する話を読ませていただきましたが、実戦での経験がある為かなり説得力を感じました。

また質問ですが、ミリフォトでもフランス軍がアフガンでグロックやSIG、USP等色々使っている写真が有りましたが野田さんの部隊ではどんなハンドガンが使われてましたか?
Posted by HiroSauer at 2012年07月01日 01:04
HiroSauerさん
私の連隊では、「PA MAC 50」というピストルが使用されています。ただし、連隊のコマンド小隊「GCP」は「PA MAS」という、ベレッタM92のライセンス生産版を使用しています。
アフガンの写真で、SIGやUSP、Glockを使っている部隊は、特殊部隊や国家憲兵隊(Gendarmerie Nationale)だと思います。
なお、アフガンでは、私のような衛生兵や通信兵にPA MASが支給されると言われていたのですが、結局ピストルは無しでした。せっかくホルスターを買ったのですが・・・。
Posted by 野田力野田力 at 2012年07月01日 19:07
はじめまして
自分はその西新井住人なのですが、なんとも恥ずかしい話しです…
Posted by フッキー@β at 2012年07月01日 21:27
HiroSauerさん
現役隊員からの情報によると、REPのGCPはUSPコンパクトも使用しているそうです。
Posted by 野田力野田力 at 2012年07月01日 23:12
フッキー@β さん
はじめまして。
犯人は西新井の住人とは限りませんので、気になさらないでください。決して西新井の皆様を責めているのではありませんので。
もし発見されましたら、警察を呼んで、逮捕してもらってください。
Posted by 野田力野田力 at 2012年07月01日 23:17
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。