スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上記事の更新がないブログに表示されます。
新しい記事を書くことで、こちらの広告の表示を消すことができます。  

Posted by ミリタリーブログ  at 

2012年12月31日

危険任務直前

はじめに

2013年1月19日より、「アルマジロ」という映画が公開されます。アフガニスタンのデンマーク軍を描いた作品なのですが、欧米では2010年に公開されており、私自身、除隊の少し前に観ました。

自分たちのアフガン任務の映像かと思うくらい、リアルでした。実際、この映画は物語化されたドキュメンタリーで、映像は本物だそうです。

この映画は戦争のイメージトレーニングになるくらい、ナマの戦場を描写しています。

「アルマジロ」、お勧めです。

――――――――――

本格的な任務に出ることが決まった。小隊でブリーフィングがあり、ADU(最先任下士官)のウィルソン上級曹長が中隊の任務を説明した。

それによると、COPフォンチーの北側にある敵の潜む村に、装甲車で敢えて近づき、敵がどう反応するのかをみるという。村の東側に広がる荒野を北上し、東から村へと接近する。

近づくだけで、特に何かをやるわけでもなく、ただ反応をみるだけだ。攻撃を受けるかもしれないし、無反応かもしれない。攻撃されれば、こちらも攻撃していい。少なくとも、この村には約20名の敵がドローン(無人偵察機)により確認されている。

ADUは、小隊事務室の壁に貼られている地図上を指さし、微笑みながら言った。
「ここよりも北へ行けば興味深いことになるだろう。」

つまり、攻撃を受けることになるだろうということだ。ADUは続ける。
「作戦地域には民間人も多く住んでいる。民間人を撃ってはいかん。発砲するときは、やみくもに撃つな。標的の位置が不明なら撃つな。撃つときは、弾がどこへ飛んでいくか把握しながら撃て。」

確実に命中させられる場合のみ撃ってよい、という意味ではない。民間人や友軍を撃たないように注意しろ、ということだ。例えば、遮蔽物などに隠れている敵が、少し体を出してAK小銃などで攻撃してこないように、遮蔽物周辺に連射を加えるという牽制射撃は必要だ。

いっぽう、牽制や威嚇の意味も含まずに、ただむやみに撃ちまくると、民間人を撃ってしまう可能性が高まる。それは上層部、特に政治家たちがもっとも望まない事態だ。ある同僚によると、第4小隊の小隊長は小隊集合時にこう言った。

「民間人に犠牲者が出たら、われわれの負けだ。」

ブリーフィングの後、ベッドの上で物思いにふけった。ついに危険の伴う戦争らしい任務に行ける。どんな展開になるのだろうか?本当に戦闘は起きるだろうか?負傷者は出るのか?戦死者は?

自分が戦死した場合について考えた。やはり死については考えてしまう。自分が死んだら家族や親友たちにどんな影響を及ぼすのだろうか?

今まで生きてきたなかで、家族・親友とはいい思い出がたくさんある。いろいろと感謝もしている。2度と会えないのは嫌だ。これからも何度だって会いたい。

子供を作らずに死ぬのは嫌だとも思った。やはり子孫は残したい。子供さえいれば、死んでもいいと思えるかもしれない。現実にはまだ嫁さんすらいないが・・・。

しかし、少し考えたら、夫を亡くす妻や、父のいない子を残すのはよくないと思い、どうせ死ぬなら妻子のいない現状のまま死んだほうがいいと結論づけた。

そして、最終的には、子孫を残すとか、親友や家族のことは、戦闘に臨むにあたって、いっさい考えてはいけないと結論づけた。そういうことを考えてしまうと、必要以上に生きることへの執着心が生まれ、恐怖に包まれてしまう。死ぬと決まったわけではない。

恐怖を感じたのは事実だが、どうしても戦闘任務に参加したいと思ったのも事実だ。私は医療班として参加するのだが、戦闘班として参加してもいい。正直、敵を撃ちたいと思う。そのための訓練も積んできた。敵をたおすことを考えると少し興奮した。しかし任務はゲームではない。人命がかかっている。

今回の任務を前にして、恐怖と興奮が私のなかで共存していた。これらが大きすぎると、任務に悪影響が出るだろう。

恐怖に包まれれば、思考力がじゅうぶんに働かなくなり、体がうまく動かなくなる。もしそんな状況で負傷者を前にし、的確な判断ができなかったり、手が震えたりすれば、そいつは死ぬかもしれない。

一方、極度の興奮状態に陥ると、「殺す気」がはやり、急に民間人が現れたとき、ついつい撃ってしまうかもしれない。別の可能性としては、敵が撃ってきているのに、遮蔽物を無視して、乱射しながら突撃していくかもしれない。アクション映画のようにうまくいけばいいが、私は無謀なことだと思う。

ただし、恐怖も興奮も、適度に持ち合わせれば、心理的に有効だろう。少しの恐怖があれば無謀なことをせずに生き残る可能性が高まるし、少しの興奮があれば、危険な状況下、勇気をふりしぼり、必要な行動を起こすことができる。

つまり、恐怖と興奮の調節が必要だ。私にとって、最良の方法は、「とにかく仕事をやってしまおう」と自分に言い聞かせることだ。親友や家族に会いたいとか、敵を自分の手でたおしたいとか、あれこれ願望など考えずに、ひたすら自分のやるべきことだけに集中し、実行すればいい。

そうすれば、必要最低限の恐怖と興奮に抑えることができ、ハイテンションになり余計な危険を冒したり、怯えて逃げだすこともないだろう。それでも失敗したならば、「ちゃんとやっても駄目だったんだ」と内心あきらめる。

とにかく自分の仕事をやろう。


つづく

今回は本文に関連のある写真がないため、デンマークに行ったときの写真を載せます。
←アフガン帰還記念パレード
←パレード解散




アフガン体験記は毎週月曜日に更新します。ご意見・ご感想など、お待ちしています。  


Posted by 野田力  at 07:00Comments(6)アフガニスタン

2012年12月17日

兵士に不利な規定

アフガニスタンに来てから1ヶ月ほどが経った。これまで、COPフォンチーへは何度か行き、ルートは馴染み深いものとなった。首都カブールの国際部隊基地へ物資輸送のエスコートで1度行ったし、毛布を配布する人道支援任務にも行った。この1ヶ月、結果的に危険な任務は一切なかった。不謹慎だが、物足りなさを感じはじめた。

そんなとき、少し緊迫する事象がFOBで発生した。その事象に私自身は係っていないのだが、ブラジル人のデコ一等兵が夜明け頃にFOB警備のため、歩哨所から前方に広がる荒野を見張っていたときに発生した。

薄明るい中、100mほど先に1人のアフガン人がFOBを向いて、地面にしゃがみこんでいるのが見えた。FOBと現地社会を隔てる有刺鉄線の外側なので、法的には問題はない。しかしデコは、そのアフガン人が急にAK小銃を服から取り出し発砲するのではないかと懸念した。

デコは報告のため、無線で警備班詰所を呼び出す。応答がなかった。無線が故障したのか、交信ができない。持ち場を離れて、警備班長の軍曹のところまで伝えに行くわけにはいかない。さあ、どうするべきか。デコは考えた。

まずは、「デガージュ!デガージュ!(仏語:うせろ)」と大声を出して、アフガン人に立ち去らせようとした。片腕を大きく振るジェスチャーもつけ加えた。

アフガン人はピクリともしない。言葉やジェスチャーが通じなくても、武装している兵士が大声を出している場合、その場を離れたほうがいいことくらい、普通ならわかるはずだ。我々が簡単に発砲できないという規定を知っている敵がFOBを観察しているのかもしれない。もしくは、声が聞こえていなかっただけかもしれない。

デコはFAMASを1発だけ撃った。弾丸はアフガン人から離れた地面に当たった。ウォーニングショットだ。するとアフガン人はゆっくりと立ち去り、見えなくなった。一件落着したが、その後はデコにとって「一難去ってまた一難」だった。

銃声は他の歩哨たちを驚かせ、彼らは警備班詰所に無線連絡を入れた。詰所の軍曹は、ぐっすり寝ている基地の上層部を即座に起こすわけにはいかず、状況確認のため、各歩哨所に連絡を入れた。デコだけが応答しない。軍曹はデコのもとに班員を派遣し、確認させ、状況を知ることとなった。

敵襲ではなかった。FOB敷地のすぐ外側にアフガン人がいただけだったが、発砲したため、デコは軍曹に怒鳴られた。「基地の敷地内に入ってきていないなら撃つな。それが規定だ」と。さいわい、警備班を除く、FOBで生活する者は建物のなかにおり、ほとんどの者が睡眠中だったので、銃声は気づかれず、騒ぎにならなかった。

デコは後日、私とフランス人のムニエ一等兵に言った。
「ウォーニングショットが許されないなんて絶対におかしい!もしあのアフガン人がRPGを取り出して、僕に向けて発射してたら、僕は死んでたかもしれない。」

デコはさらに続ける。
「こんな規定、現場を知らない、エアコンの効いたオフィスのお偉いさんが決めてるから、実践的じゃない。」
いろんな映画や書籍によくある定番の台詞だ。
「ああ、マジでクソだ。」
ムニエが相槌をうつ。私は「難しいよな」と無難な反応にとどめた。

実は私はデコのやったことに賛成していない。我々兵士の仕事は、「オフィスのお偉いさん」の決めたこと、いわば「命令・規定」に従うことだ。その範囲で、自分たちが有利になるように工夫するのが、兵士という仕事の精一杯だ。

それに、「お偉いさんに現場の者が翻弄される」という構図は、大昔からある構図だ。今さらそれに不満を言うのはよそう。それが原因で戦死しても、それは仕方のないことだ。残念ではあるが、仕方のないことだ。私自身が戦死しても、私は「仕方ない」と思うだろう。

私はその見解をデコたちには伝えない。もし伝えたら、「じゃあ、つまらない規定のために僕らが死んでもいいのか」と思われてしまい、多くの同僚を敵に回すかもしれない。それに、実際に自分がデコの状況に陥ったわけではないので、敢えて強く主張するべきではないと思った。

そもそも「ウォーニングショット禁止」自体は、とんでもない規定だとは思わない。むやみに威嚇発砲された現地民が我々ISAF(国際治安支援部隊)に対して恨みを持てば、フランス政府をはじめ、派兵している国の政府にとっては不都合だ。だから「お偉いさん」たちは兵士に不利な規定を制定せざるを得なかったのだろう。

我々は、B級アクション映画の登場人物のように、好き勝手に武器を使うために派遣されてはいない。フランス政府の政策のために来ている。我々に有利か不利かは関係なく、政府が望むことをやり、望まないことはやらない。ただそれだけのことだ。

そんなふうに考えるのはダサいかもしれないが、私はそのように、乾いた目で見て、割り切って考えている。



つづく

来週はお休みをください。次回更新は12月31日を予定しています。
ご意見・ご感想など、お待ちしています。  


Posted by 野田力  at 07:00Comments(4)アフガニスタン

2012年12月10日

米軍特殊部隊 衛生装備Part2

「バックパックは背負うのか?」
私が尋ねると、ジャックは床からタン色のバックパックを持ち上げ、言った。
「こいつを接続する。」

それは、おおよそ縦45㎝・横25㎝・厚さ10㎝の医療用バックパックだが、製造会社はわからなかった。私のメディカルパックより小さく、3分の1くらいの容量に見えるほどだ。

ジャックはアーマーの両肩後方部分に付いている「雌」バックルに、バックパックの「雄」バックルを差し込み、接続した。上部だけが接続されても、下部が固定されていないと、実際に着用して活動したら、バックパックがバタバタ揺れるはずだ。

よく見ると、幅2.5㎝ほどの細い、腰に巻くストラップが両サイドの下方から伸びていた。これを胴回りのポーチ類より下で巻き、暴れないようにできる。ぬかりない。

バックパックの両サイドには1つずつ、SOFTT止血帯が輪ゴムで固定されている。ジャックは、両手を下側から後方へ回し、背中中央にタッチしながら言った。
「こうやって止血帯をつかんで引っ張れば、ゴムがちぎれて、簡単に止血帯を手にすることができるんだ。」

ジャックはいろいろ教えてくれるから、ありがたい。ただし、私はこの止血帯携帯方法を採用しない。岩や木とバックパックが擦れたとき、落としてしまう可能性がある。特にゴムはアフガンの高気温で劣化が著しいのではないか。アーマーの前面に固定すれば、視野の範囲内なので、擦ることも少ないし、落ちても気づきやすい。

ジャックはバックパックのジッパーを開き、中身を見せてくれた。中はやはり、医療品が小分けできるように、いくつかのコンパートメントが設置してあった。クイッククロット、圧迫包帯、気管挿管キット、気道確保用具「エアウェイ」各種、医療用テープなどが収納されている。圧迫包帯は、仏軍が採用しているイスラエル製「エマージェンシー・バンデージ」だけでなく、新開発アメリカ製の「OLAESモジュラー・バンデージ」などのバリエーションがあった。

アメリカ軍は新製品を持ち、さすがだと思ったが、私が携行する医療品より大幅に量が少ない。そこで私は尋ねた。
「バックパックが小さいけど、携行できる医療品はこれで十分なのか?」
ジャックが自信のこもった声で言った。

「小さいからこそ、本当に必要な医療品を厳選することができるんだ。負傷のパターンはいくらでもあり、その対処に必要なものを考え始めたらキリがない。バックパックが大きいと、実際にはまったく使うことのない医療品まで入れてしまい、重くなってしまう。」

ジャックのこの説明には感心した。装備が重すぎると、移動するだけで疲れてしまい、戦闘になったときや、負傷者が発生したとき、十分に能力を発揮できなくなるのだ。そして、そのことで誰かが死ぬかもしれない。自分かもしれない。珍しいパターンの負傷が発生し、それに対応する医療品を携行してなかった場合は、「運が悪かった」とあきらめるしかない。

実際に私は、バックパック内のスペースが許す限り、できるだけ多くの医療品を詰め込む傾向にあるかもしれない。その重さが今まで問題にならなかったのは、フランス軍が米軍ほど物質的に豊かでなかったために、バックパックがいっぱいになるほどの医療品を支給できなかったからだろう。



「車両移動の場合は、これらも持って行くんだ。」
ジャックはそう言いながら、バックパック1つ、バッグ1つを床から担架に持ち上げた。バックパックはロンドンブリッジ社製の「1562A」というメディカルパックのタン色で、サイズは私のメディカルパックと同じくらいだ。中には多くの医療品が収納されていた。点滴各種、圧迫包帯各種など、私の携行する医療品とだいたい同じだったが、量が1.5倍くらいあり、バックパックはパンパンだった。



もう1つのバッグは緑色のショルダーバッグで、本体やサイドポーチのジッパーのプルタブに「Bass Pro Shop」というロゴと口の大きな魚のデザインが入っている。ブラックバスを釣る人たちを対象としたバッグだ。前面のジッパーが大きく「∩」型を描き、そこを開くと、中には引出しが4段あり、それぞれの段が1つの透明なプラスチック製ケースとなっていた。

「釣り具を入れるアイテムは、細かい医薬品なんかを収納するのに便利だから、購入したんだ。」
ジャックはそう言って、ケースを1つ取り出した。透明なので、中に入っている物がすぐわかる。本来ならばルアーを1つずつ入れる枠がいくつもあり、それぞれの枠に異なる種類の錠剤が収納されていた。

「本当に便利だし、バッグの色が緑だから軍で使うのにピッタリだろ。」
ジャックが言った。



確かに民間スポーツ用品を各国の軍隊で使用する例は多い。特殊部隊がマウンテンバイク用のヘルメットを使用したり、クライミングのチョーク入れの小型バッグを、使い終わった空の弾倉を投げ込むためのダンプ・ポーチにしたり。

民間のアウトドア装備のメーカーも、軍の消費者を狙って、オリーブドラブ色や迷彩などのカラーバリエーションを発売している。イギリスのバーグハウス社の「ヴァルカン」というバックパックのオリーブドラブ色は、我々の連隊やフランス軍特殊部隊に多くのユーザーを持つ。

ジャックはその後もいろいろと医療装備を紹介してくれた。私の知らない装備も数多くあり、ジャックとテッドが実演して見せてくれたりした。この部屋は必要とあれば、すぐに診療所として機能することが可能だ。しかも、成人だけでなく、子供用の医療品もある。

私は、兵士である屈強な男性に医療行為を施すことは何度もやってきたが、女性・子供・肥満の人が患者となったら、症状によっては戸惑ったり、失敗したりする可能性は高い。いっぽう米軍特殊部隊のコンバットメディックたちは、年齢・性別・体型に関係なく、あらゆる患者に対処することができる。さすがだ。

さらに、私が部屋の隅にある大きなダンボール箱にある大量の「クイッククロット・コンバットガーゼ」を見ながら、「フランス軍では衛生兵に1つしか、クイッククロットが支給されていないよ」と愚痴をこぼすと、ジャックはダンボール箱から3つつかみ、「持っていけよ」と言って、私にくれた。この瞬間、米軍には一生、感謝の念を持ち続けようと思った。

←クイッククロット

クイッククロットのことや、私1人のために、こんなに熱く医療装備を説明してくれたジャックとテッドに、感謝の意を込めて、「神風」と日の丸が描かれたハチマキを1つずつプレゼントした。京都・新京極の土産屋で、1つ200円くらいで買ったものだ。値段は安いが、「クールだ!」と言って喜んでもらえた。

するとジャックが「これをもらってくれ」と言って、星条旗パッチをくれた。ピンクの塗料が隅っこに少量付着しているが、そのほうが「世界に1つだけ」という感じがして、ありがたい。米軍特殊部隊からもらった星条旗パッチ。これは一生の宝だ。

やがて昼休みは終わり、ズボンのポケットにパッチを入れたまま、午後の仕事、つまり装甲車VABの整備や積荷の整理を始めた。米軍特殊部隊のオペレイティブと仲良くなれたことがうれしく、興奮が止まらない。時々、ポケットからパッチを取り出し、マジマジと見つめ、ニヤニヤした。



アフガニスタンは圧倒的に楽しい。
しかし、もうじき体が環境に適応する頃になると、次々と任務に出ることになる。気を引き締めよう。

←クイッククロットのほか、携帯糧食ももらった

つづく

アフガン体験記は毎週月曜日に更新します。ご意見・ご感想など、お待ちしています。  


Posted by 野田力  at 07:00Comments(8)アフガニスタン