2012年11月26日

米軍特殊部隊 衛生装備

翌日の昼休み、ジャックが提案してくれたとおり、医療装備を見せてもらうため、私は米軍特殊部隊のセクターへ行った。コンバットメディックのジャックとテッドに案内され、医療装備管理室と診察室を兼ねた部屋に通された。ジャックは青いワイシャツと「5.11」社のベージュ色ズボンを着用し、テッドは暑い真昼なのに、黄土色のフリースジャケットを着て、薄い青色のジーパンをはいている。2人とも右腰の革製ヒップホルスターにM9拳銃をさしている。

「ここが我々のメディカルルームだ。」
ジャックが言い、私は見まわした。
壁際には棚や箱類が設置され、医療品や医療バッグ各種が載せられたり、収納されている。大きな酸素ボンベが目立つ。部屋の中央あたりには、ノースアメリカンレスキュー社の「タロンⅡ」と呼ばれる頑丈な担架が2つ、平行に並べられている。土台に載せられ、ちょうど診察台くらいの高さだ。

入口から遠いほうの担架には、応急処置訓練用のマネキンが寝ている。青いジーパンと黒のTシャツを着ていて、野球チームのものと思われるロゴの刺繍されたキャップ帽もかぶっている。ジャックがそのキャップをすばやく取り、ニヤリとして言った。

「こいつはチャーリーだ。」

今までキャップがあったため見えていなかったが、チャーリーの頭の上部が取りはずせる仕組みだとわかった。はずした部分に外傷を模造したパーツをはめ込めば、頭部外傷の想定訓練が、よりリアルにできる。他の体の部分もはずし、いろいろな外傷パーツを設置できるようだ。

さらに、定番である心肺蘇生訓練もでき、マネキン内に設置されたチューブに空気を送りこむことで、脈拍も発生させることも可能だ。うめき声や悲鳴などの音声も出せる。

「こんなにいいマネキンをFOBまで持参していいの?!」
私が驚いた口調で尋ねたら、ジャックが答えた。
「いいよ。我々自身、時々練習する必要があるから。」

確かに定期的かつ頻繁に反復練習をやらないと、いろいろ忘れる。私もたくさんのことを忘れている。例えば、衛生兵教育で教わった、急な出産における、逆子の取り出し方法は今や曖昧だ。まあ、それに関しては、練習の手段がイメージトレーニングくらいしかないが・・・。

ジャックがさらに言う。
「それに、アフガン軍や警察を訓練するとき、応急処置もカリキュラムに入っているから、よく使うんだ。」
意外とチャーリーは大活躍のようだ。

担架の土台と壁際の棚とのあいだの床には、1着のアーマーといくつかの医療用バックパックが無造作に置かれていて気になった。整理整頓された置き方ではない。我々の中隊なら、ほとんどいつもイライラしている軍歴25年以上の古参兵が、住環境を見張り、整理が不十分だと怒りだすだろう。しかし、米軍特殊部隊のほうは完全に自己管理で、この独立感・自由感が「さすが特殊部隊だ」と思った。

「このアーマーはジャックの?テッドの?」
「ジャックのだ。俺のは自分の部屋に置いてある。」
私の質問にテッドが答えた。

ジャックはアーマーをつかみ上げると、チャーリーがいないほうの担架に、ドサっと置いた。イーグル社のプレートキャリアーのようだ。本体もポーチも、全体がタン色だ。

前面腹部に弾倉ポーチが3つ付いている。携行弾倉は6個だ。胸部には手榴弾ポーチ1個、M9拳銃の弾倉ポーチ1つ、「CAT」という止血帯、そして、救急救命用のハサミを付けている。背面からキャメルバックのチューブが伸びており、右胸のところで、「グリムロック」という小さなプラスチックのカラビナで固定されている。

アーマー左側には、無線機の入った専用ポーチとメディカルポーチが付いており、右側には小さな汎用ポーチが2つと、小さな赤いカラビナに、タン色のコンバット・グローブが引っ掛けられている。汎用ポーチには暗視装置や万能ツールなどの小物を収納する。メディカルポーチには、赤十字マークが大きく塗られている。

背面には、キャメルバック本体を収納している縦長の大型ポーチがあり、そのポーチの中央部には、横長の汎用ポーチが付けてあった。バックパックを背負うと背面が出っ張りそうだ。



つづく

*来週月曜の連載はお休みさせてください。次回更新は12月10日を予定しています。
ご意見・ご感想、お待ちしています。

【米軍放出品】実物CAT 止血帯

【米軍放出品】実物CAT止血帯
価格:3,800円(税込、送料別)

  


Posted by 野田力  at 07:00Comments(8)アフガニスタン

2012年11月19日

米軍特殊部隊との交流Part2

ジャックは特殊部隊に入ったあと、1年間の衛生教育を受けたという。今でも時々、民間の救急病棟で働き、腕を磨いたり、最新技術を身につけたりする。外人部隊のほうでは、衛生兵教育はわずか3ヶ月で、その教育中に、救急隊や救急病棟での研修が少しあるくらいで、教育のあとに病院・救急隊に派遣されることはない。部隊内の診療所で働いたり、野外での事故に対処するくらいだ。米軍特殊部隊と外人部隊の衛生教育の差を見せつけられて、内心、少し落ちこんだ。

ジャックが言った。
「戦争において、医学や医療装備は大きく進化する。一般社会では法律に縛られ、できる医療行為に制限がある。それを越えたら、たとえ医者でも訴えられクビになる。しかし、戦時では、法を越えたことでも、実験的に思い切って試すことができる。もし上手くいったら、それ以降、標準医療行為に加えればいい。」

当たり前のことではあるが、米軍特殊部隊員が言うと感動する。アメリカ軍は実際に、フランス軍よりも大幅に進化しているし、装備も遥かに充実している。そんな米軍でも、ジャックによると、「2004年のイラクでは、特殊部隊においても、1人に1つの止血帯があるわけではなかった」という。

止血帯が足りないことで死傷者が発生したため、多く支給されるようになったのだ。しかも、より高い止血効果を持つ止血帯を開発し一儲けしようと、多くの会社が試作し、国防省に売り込んだ。その開発競争で勝ち残ったのが、CAT(キャット)とSOF-TT(ソフティー)だ。今や、SOF-TTのほうは、アフガンのフランス兵全員に1つ支給される。

「明日の昼休みにでも、また来いよ。医療装備を見せるから。」
ジャックがまた嬉しい提案をしてくれた。
「絶対来るよ。」

戦闘衛生関連の話が終わると、丸坊主で小太りのヴァーノンが聞いてきた。
「ノダ、君は日本語以外に英語とフランス語を話すのか?」
「まあ、完璧じゃないけど、英仏に住むのに困らないくらいなら話せる。君はフランス語を話すけど、軍で学んだの?」

私はヴァーノンに聞き返した。彼の仏語は完璧で、どうやったのか気になる。
「両親がフランスからの移民で、家ではフランス語を使ってたんだ。」
なるほど。環境を味方につけたか。ここぞとばかりに、私はジャックに聞いた。
「ジャックは何か外国語を話すの?」

私は「ダリ語だ」とか、「パシュトゥン語だ」という返答を期待した。アフガンの言語なので、それらが話せるとなると、いかにも特殊部隊という感じがする。ジャックが穏やかに答える。
「俺は英語しかできないよ。」

しまった。聞かなければよかった。ジャックの自尊心を傷つけたかもしれない。
「そうなのか。でも英語はほとんどの国で通じるからいいじゃないか。」
私は急いでフォローした。

幸いジャックは気を悪くした様子はなく、サランラップに包まれた5枚のクッキーをくれた。その場で1枚食べた。売り物にならない形だが、味は美味しかった。
「嫁が送ってきたんだ。」

今度はジャックが私のなけなしの自尊心を傷つける番だ。ジャックは特殊部隊に所属し、アフガンで実戦に参加し、しかも愛妻がいる。私は特殊部隊どころか、職業軍人ですらない。契約だ。幸いアフガンやアフリカに派遣してもらえたが、愛妻はいないし、彼女もいない。遠距離恋愛を女性に維持してもらえるくらいの魅力が私にはないのだ。遠距離恋愛中の同僚たちがどのように女性を惹きつけているのか、よくわからない。わかれば同じことをするのだが。

自分が寂しい男だということを再確認したところで、バーベキューはお開きとなり、私はジャックやヴァーノンに礼を言い、兵舎に戻った。ジャックにもらった「特殊部隊愛妻クッキー」をデジカメで撮影し、やがて2段ベッド上段に横になった。米軍特殊部隊と交流できたことによる興奮にドキドキしながら、やがて眠りについた。

アフガニスタンは本当におもしろい。

←米軍特殊部隊の乗るブラックホーク

←特殊部隊愛妻クッキー

つづく

アフガン体験記は毎週月曜日に更新します。ご意見・ご感想など、お待ちしています。  


Posted by 野田力  at 07:00Comments(8)アフガニスタン

2012年11月05日

米軍特殊部隊との交流

私はVABから這い出て、ブラームと2人の米兵のもとへ駆け寄った。私はブラームの横に立ち、米兵と向かい合った。

「ハロー。」
私が挨拶をすると、ブラームが私を彼らに紹介した。
「彼の名前はノダで、日本人だ。そして、俺と同じく衛生兵だ。」
米兵の1人が握手のために手をさし出しながら言った。
「ジャックだ。僕らも衛生兵だ。」

ジャックは身長175㎝くらいで、細身だ。こげ茶色の髪をし、鼻ヒゲをたくわえている。まったく威圧感がなく、青く優しい瞳をしている。
「よろしく。」
私はそう言いながら、握手をした。もう1人の米兵も手をさし出した。
「テッドだ。よろしく。」

テッドは私と同じくらいの背なので身長165㎝くらいだろう。金髪に青い瞳で、鼻ヒゲだけでなく顎ヒゲも生やしている。見た目は威圧感がないどころか、弱々しさすら感じさせる。こういう雰囲気が逆に特殊部隊らしいと私は思う。マッチョに見えないほうが隠密作戦には適している。

テッドと握手を交わし終わると、ジャックが嬉しい提案をしてくれた。
「今夜、米軍セクターでバーベキューをやるから、もしよければ来てくれ。入口のボタンを押せば、誰かが開けに行くから。」
「ありがとう。仕事が済んだら行くよ。」
私がそう言うと、ブラームが言った。
「俺はまだわからないが、行けると思う。」
「じゃあ、待ってるよ。」
そう言うとジャックとテッドは歩き去った。

少ししか話せなかったが、すごい展開になったと思った。米軍特殊部隊のバーベキューに招待されたのだ。総理大臣の晩餐会に招かれるより、私は名誉に感じる。

その後、私とブラームは2時間ほど、診療所かVABのほうで整理整頓などをし、その日の仕事を終えた。他にも英語のわかる衛生隊員を誘ったが、我々2人以外には参加希望者はおらず、2人で米軍セクターへ直行した。

ジャックに言われたとおり、ボタンを押すと、当直の米兵が出てきて、中が広い居間になった建物に案内された。当直は、コヨーテブラウンのニットキャップとフリースジャケットを着用し、ジーパンをはいていた。小柄で細身なので、テッドよりも弱そうに見えるが、実際は私を無音で殺す格闘技術を持っているのだろう。

居間に入ると、20人くらいが、いくつかのテーブルの周りのイスやソファに座っていた。Tシャツにジ
ーパンなどの楽な服装を着て、コーラやDr.ペッパーを飲み、肉や焼きトウモロコシを食べながら、談笑している。

「よく来てくれた。肉はこっちだ。」
ジャックに声を掛けられ、私とブラームはついて行った。「ここにいろいろあるから、好きなだけ食べてくれ。」

居間の隅の洗い場のそばに、長いテーブルが置かれ、その上には、肉やトウモロコシ、ハッシュドポテトなどの入った金属製容器が並べられていた。プリップリのロブスターの身もあり、米軍の兵站能力に感心した。まさかアフガンの山岳地帯でロブスターにありつけるとは思ってもみなかった。イセエビなら親戚や友人の結婚披露宴などで食べたことがあるが、ロブスターは初めて口にする。

肉も、モロコシも、ポテトも、ロブスターも皿に盛り、Dr.ペッパーを1缶もらい、ジャックと、仏語を話す特殊部隊員ヴァ―ノンのいるテーブルにつき、バーベキューに舌鼓を打ちながら、談笑に加わった。ブラームは他のテーブルへ行った。

たわいもない話をたくさんしたが、話しが噛み合わなかった。例えば、「神戸牛のステーキは世界一うまい」と言われたが、私は食べたことがなかった。「日本のテレビ番組『サスケ』はおもしろい」とも言われたが、見たことがなかった。狩猟の話も出たが、私は猟銃免許を持っていない。

話がなかなか合わず、もどかしかったが、やがて戦闘衛生関連の話題になった。

←米軍セクターに向かって歩く仏兵

つづく

来週はお休みをいただきます。エピソードの区切りが悪いところで申し訳ありませんが、ご了承ください。
次回の更新は11月19日です。
ご意見・ご感想、お待ちしております。  


Posted by 野田力  at 07:00Comments(10)アフガニスタン