2012年03月10日

はじめに

皆さま、はじめまして。

私は、元フランス外人部隊第2外人パラシュート連隊の野田力(りき)と申します。除隊時の階級は上級伍長(Caporal-chef)。2010年1月から7月まで、同連隊第3中隊衛生班の一員として、アフガニスタンに派遣されていました。

このアフガンでの任務は、これまでの私の人生で、最も充実した期間であると同時に、現代戦の過酷な現実を知る貴重な体験となりました。


以前から、アフガンでの出来事を自分自身で整理したいと思っていたところ、この度、友清仁さんにお誘い頂き、ブログを開設いたしました。(友清さんはミリタリーブログでアフガニスタンにおける特殊部隊の活動についてのブログを運営されています。)


はじめに皆さんにお約束したいのですが、話を面白くするために脚色したり、嘘は書きません。私の中隊がアフガンでどう戦ったのか、正直に書こうと思います。
そして、戦闘だけでなく、衛生兵の活動や、民事支援活動、現地民との交流などについても紹介するつもりです。


去る1月20日、アフガンに派遣されていたフランス兵4名(うち一人は外人部隊)が一人のアフガン国軍兵により射殺される悲惨な事件がありました。殺された兵士にしてみれば、戦闘で死ぬならまだしも、同盟軍の兵士に殺されたなんて、あまりに無念で死にきれません。

いまもアフガンの戦場で戦うフランス兵や英米独等の同盟国兵士に思いを馳せながら、連載をスタートしたいと思いますが、その前に私の略歴を簡単に紹介します。


1979年9月 関西生まれ。

1999年10月 阪神大震災における自衛隊の活躍を描いた書籍を読み、陸上自衛官を志す。

2004年10月 15回に及ぶ自衛隊入隊試験不合格(たぶん基礎学力の不足)。大きな屈辱を感じ、自分が立派な兵士になれることを証明するため渡仏。外人部隊への入隊を果たす。

2005年3月 基本訓練ののち、希望していた第2外人パラシュート連隊に配属され、コルシカ島に駐屯。

2005年4月 パラシュート課程修了。

2005年5月 第3中隊(舟艇中隊)第3小隊配属。歩兵訓練修了。ミニミ軽機関銃射手を担当。

2005年10月 対戦車ミサイルERYX(エリックス)課程修了。同ミサイル射手を担当。

2005年12月 水路潜入課程レベル1修了。

2006年2月~6月 アフリカ・コートジボワールに派遣され、治安維持作戦に従事。

2006年12月 衛生兵課程修了。小隊の衛生兵となる。

2007年3月 水路潜入課程レベル2修了。

2007年4月 装甲車VAB(ヴァブ)免許取得。

2007年6月~10月 アフリカ・ジブチに派遣され、砂漠訓練等を受ける。

2008年2月 伍長(Caporal)昇進。

2008年9月~2009年1月 アフリカ・ガボンに派遣され、ジャングル訓練等を受ける。

2009年7月14日(フランス革命記念日) パリのシャンゼリゼ大通りの軍事パレードに参加。

2009年12月 上級伍長昇進。

2010年1月~7月 アフガニスタン派遣。ISAF(国際治安支援部隊)活動。

2011年4月 除隊。

2011年6月 帰国。

人名・地名・日時などプライバシーの保護もあり、変える箇所もありますが、それ以外はありのままに書くつもりです。

アフガン体験記は毎月10日、20日、30日に更新します。

それでは、どうぞよろしくお願いします。

野田 力






―――――――――――――――――――
こちらの書籍の表紙を飾らせて頂きました。
外人部隊の日本兵

外人部隊の日本兵
価格:1,575円(税込、送料無料)

  


Posted by 野田力  at 01:32Comments(28)自己紹介